除去工事から処理運搬まで、全て自社で行っております。

エスエス工業株式会社では、アスベスト関連の法律に基づいて、専門の資格を持った者が責任を持って対処しております。

まずは、含有調査が必要です。その結果に基づいての除去工事を行っております。

日本標準規格JIS-A1481-2006により、定性分析と定量分析の2段階で行われます。

アスベストそのものを除去する方法と、飛散しないように封じ込める方法がございます。

大気汚染防止法では、工法別に石綿粉じん飛散防止対策を定めております。


産業廃棄物処理場まで、専用の廃棄物収集運搬車にて運搬いたします。

収集運搬には、他の廃棄物と区別しアスベスト廃棄物と表示して、アスベストが飛散しないように運搬しております。 

 

地域指定の産業廃棄物処理場で、処理が行われます。

(詳しくは、工事の流れをご覧ください)


 

アスベスト対策に関する公的機関